株式会社 鯖や(SABAYA CO,.LTD)[飲食飲料]

3社が協力して販路を開いたサバの新ブランド「お嬢サバ」

ここがキラリ
安定的に美味しいサバを提供するため、鳥取県栽培漁業センターが試験的に取り組んでいた養殖サバに着目。土壌で濾過され、プランクトンのいなくなった地下50メートルの海水を汲み上げて養殖することによって、アニキサスフリーのそのまま生食可能な“お嬢サバ”が誕生しました。
詳細

株式会社鯖やのサバ料理専門店「SABAR(サバー)」南森町店」(大阪市)で、安定的に美味しいサバを提供したいと思っていた右田社長が、鳥取県栽培漁業センターが試験的に取り組んでいた養殖サバに注目。海で養殖されたサバは、プランクトン由来のアニキサスという寄生虫が付きやすく、生食には不向き。しかし、同センターが行っているのは、プランクトンのいない地下50メートルの海水を汲み上げて養殖するというもの。JR西日本の仲介で「鳥取県生まれの箱入り娘・お嬢サバ」として3社のタッグで季節限定販売をすることに。
水揚げ後、冷凍せず、生きたまま輸送する方法を独自開拓し、鮮度抜群の美味しいサバを食べられると、利用客にも好評を博しています。今後は、大阪のみならず全国で「お嬢サバ」の提供を目指し、季節(気温)や時間に左右されない輸送システムの確立を目指します。

ここがキラリ
安定的に美味しいサバを提供するため、鳥取県栽培漁業センターが試験的に取り組んでいた養殖サバに着目。土壌で濾過され、プランクトンのいなくなった地下50メートルの海水を汲み上げて養殖することによって、アニキサスフリーのそのまま生食可能な“お嬢サバ”が誕生しました。
詳細

株式会社鯖やのサバ料理専門店「SABAR(サバー)」南森町店」(大阪市)で、安定的に美味しいサバを提供したいと思っていた右田社長が、鳥取県栽培漁業センターが試験的に取り組んでいた養殖サバに注目。海で養殖されたサバは、プランクトン由来のアニキサスという寄生虫が付きやすく、生食には不向き。しかし、同センターが行っているのは、プランクトンのいない地下50メートルの海水を汲み上げて養殖するというもの。JR西日本の仲介で「鳥取県生まれの箱入り娘・お嬢サバ」として3社のタッグで季節限定販売をすることに。
水揚げ後、冷凍せず、生きたまま輸送する方法を独自開拓し、鮮度抜群の美味しいサバを食べられると、利用客にも好評を博しています。今後は、大阪のみならず全国で「お嬢サバ」の提供を目指し、季節(気温)や時間に左右されない輸送システムの確立を目指します。

会社概要

プレス情報

現在プレス情報の投稿はございません。

このテクポンを見た人は以下のテクポンも見ています